節約だけでなく買取を利用してお金を貯める

あれを買うお金が欲しい、貯金額を増やしたいというのは誰もが思っていることだと思います。

では、どうやってそのお金を増やしていくのか。皆さんが最初に考えつくのは節約ではないでしょうか。
使っていない部屋の電気を消す、水道の水を出しっぱなしにしないなどが考えられると思います。
節約をしたりして、お金が出ていくのを抑えるのは大事ですがそれだけではストレスにもなると思います。

私の場合は、節約は当たり前です。
家を空ける際にはテレビやエアコンの電源が切れているか、各部屋の電気が消えているかなどをしっかり確認するようにしています。
しかし、支出を抑えることだけに目を向けるのではなく、どうやって収入を増やすかを考えます。

お金を増やす為には、やはり仕事をするのが一番だと思います。例えば、アルバイトなどであれば出来るだけ出勤日数を増やしてもらうなどして収入面を増やしていきます。仕事をするということは、家にいる時間が少なくなるということにもつながるということなので、収入を増やしつつ、支出を減らすという意味でも大きいかなと思います。

でも、仕事だけでもストレスになるので休みの日などは自分の趣味などにお金を使って、リフレッシュします。
暖かい日などは近くの公園なんかに散歩に行ったりなんかするのもお金をかけずにリフレッシュ出来る方法かなと思います。
後は、一日中、思いっきり寝るのもたまには良いと思います。

まずは、自分の出ていくお金が月にどれ位なのかをちゃんと把握して、無駄に出ていっているお金はないかを考え、無駄なお金がある場合は抑える。
それ以外の必要な出費は無理に抑える必要はないと思います。
何をするのも健康な体が第一だと思うので、仕事と趣味のバランスを考えストレスをため込まないようにしていくのが大事だと思います。

さてここまでは当たり前のことです。
それではそれ以上にお金を貯めるにはどうするかということです。
お金の貯め方にしても、出費を抑えるだけでも苦にならないという人はそれでもいいでしょうし、出費を抑えるのが苦手だという人は、無理に抑える必要はないと思います。
私の場合は節約でストレスがたまらないようにゲームや本をよく買います。
もちろん買うときにはお金が必要ですが、うまくすることで非常に安いコストでゲームや読書を楽しむことができるようになります。
このことに気が付いたのは節約のブログを書いている方の記事を読んでからです。

ゲーム・漫画・本の断捨離におすすめ買取比較サイト
ずぼら主婦が頑張るブログというサイトです。

この方は節約を頑張りながらも前向きに楽しく取り組んでいることがブログから読み取れます。
どの記事も読んでいて楽しかったり共感したりするのですが、上記の記事は目から鱗でした。

そうだ、ゲームや本を楽しんだ後は売ればいいんだと。
ただしブックオフやゲオに持って行っても二束三文でしか売れません。
私の友人でもこれらの大手の古本屋で高く売れたという話を聞いたことがありません。

買取比較サイトを使えば高く売れるお店を探せます。
よくよく考えれば、どのお店で売ってもこちらとしてはお金さえ振り込まれればあまり関係ありません。
これが家電を買うとなれば買った後のことも考えなくてはなりませんが。

小さな買取ショップではブックオフなどに対抗するためにネット専門で高値で買取してくれるお店がたくさんあります。
わたしもこのブログで紹介されているドラゴンスターと言おうお店は知りませんでしたが確かにゲームの買取価格を調べてみると
非常に高い価格で買取してくれることが分かります。
ドラゴンスターはゲームしか買取してくれないため本は別のところで売る必要がありますが、他にも初回利用時にはボーナスをつけてくれるネットオフやバイキングといった買取業者もあるので、本を読み終わって売るときになったら改めて売ることにしようと思っています。

単に出費を切り詰めるだけでなく時にはストレス発散もかねて本などの買い物も楽しみ、高く売ればまた新しい本やゲームを買うことができます。頭を使った節約といえるでしょう。

もっと高く売りたいという人はヤフーオークションや最近流行りのフリマアプリも併用するといいかもしれません。
家の棚に眠っている本やゲームはそのままではもったいないです。どうせ使わないなら早く売った方が高く売れるでしょう。
節約とはストレスがたまるものという考え方も少し変化が出そうです。